脱色素療法

重度の尋常性白斑で一般的な治療に反応しない場合に、美容的な目的で正常部の皮膚の色素を脱色する治療です。
ハイドロキノン・モノベンジルエーテル(モノベンゾン)軟膏という薬剤を使用します。
小範囲の白斑は外用剤・外用療法・エキシマライト・エキシマレーザー・ミニグラフト法で治療いたします。

Q. どのような場合、この治療の適応になりますか?

A. 体表面積の半分以上に白斑が広がり、外用療法・紫外線療法で効果がない場合に適応となります。外用部位以外にも白斑が生じてくる可能性があります。部分的な脱色を目的としたものではなく、全身の脱色を目的とした治療方法となります。
小児は適応外になります。

Q. どのような治療ですか?

A. ハイドロキノンモノベンジルエーテル(モノベンゾン)軟膏にしたものを正常皮膚色が残っている部分に1日2回外用します。
一度脱色した部分は元に戻りません。

Q. どのような作用機序ですか?

A. この薬により白斑を生じたところは色をつくる細胞であるメラニン細胞が消失していることがわかっていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

Q. どれくらいで効果がでますか?

A. 塗り始めて2ヶ月程で脱色が始まります。2年以内に90%以上が脱色されます。

Q. 副作用はありますか?

A. 外用部位(特に顔面)に赤み、かゆみ、灼熱感を生じることがあります。また、アレルギー性のかぶれを起こすことがあり、その際は治療を中断しなければならない場合があります。